未来に向けた研究

フラウンホーファーIIS(集積回路研究所)は、マイクロエレクトロニクスおよびITシステムのソリューションとサービスに関する世界有数の応用研究所です。テクノロジーのアイデアを追求し、テクノロジーと未来の実用化を予見し、発想することで、ドイツのテクノロジー分野における主導権の維持に主要な役割を担っています。

2019年の注目すべき取り組み —年次報告書

詳細

ニュース

広報課のページで、全ニュースをご覧いただけます。

詳細

フラウンホーファー IIS — 研究開発を通じて皆様の成功を後押しします

ここではフラウンホーファーIIS(集積回路研究所)に関する重要な情報をすべて紹介します。

応用志向の当研究所は、マイクロエレクトロニクスおよびITシステムのソリューションとサービスにおいて世界の指導的な立場にあります。フラウンホーファーIISは、現在フラウンホーファー研究機構の中で最大の研究所です。

私たちは顧客および産官パートナーと共同で、プロセス、製品、システムの開発、実施、最適化から、使用および製品化にいたるまで取り組んでいます。国際的にネットワーク化された最先端の研究により、経済的な成功

成功と社会福祉に貢献しています。皆様のご要望をお聞かせください。

提供するサービスの範囲と共同研究の可能性についてご検討ください。

当社の戦略的研究の指針は、「認知センサー技術」と「オーディオ・メディア技術」です。

「認知センサー技術」と「オーディオ・メディア技術」は、当研究所の戦略的指針となる2つのテーマです。ここでは、全部で7つの研究分野から経験と知見を蓄えており、現在および未来のニーズを満たすソリューションを開発しています。例えば、人工知能(AI)の統合など、イノベーションを起こし続けることで、研究開発を推進し、経済と社会に直接貢献します。

フラウンホーファー IISの指針となるテーマの詳細はこちらをご覧ください。

重点プロジェクト

大規模な重点プロジェクト体制のなかで、現在および未来の課題に対するソリューションを開発しています。産学パートナーと共同研究を行う事例もあります。

 

デジタル化された感覚

Campus of the Senses(五感のキャンパス)」は、人間の五感をデジタルで再現します。

 

エイダ・ラブレス・センター — AIの実践

科学と産業をまとめ、分析、データ、応用に関する技術的知見を有する新センター

 

5G — モバイルコミュニケーションと5G以降

広帯域移動通信の第5世代技術、インダストリー4.0、モビリティのネットワーク化、衛星通信

 

MIOTY — 無線IoTテクノロジー

インダストリアルIoT内での応用に向けて標準化された通信ソリューション

 

デジタルの付加価値— インダストリー4.0の実践

ヒトとテクノロジーをつなぐ、効率の良い生産と戦略的物流工程のためのソリューション

 

CIT – インターネット認識技術

未来の確実なインダストリアル・インターネット(産業のインターネット化)への道を開く

 

MPEG-H TV Audioシステム

テレビ、バーチャル・リアリティー(VR)に適したインタラクティブ没入型3Dサウンド

最新情報を入手するには

フラウンホーファーIISの最新動向、プロジェクト、ソリューションを入手する一番良い方法は、ニュースレターです。こちらのニュースレター概要からご関心のあるものをお選びください。

 

Fraunhofer IIS

Fraunhofer Institute for Integrated Circuits IIS
Am Wolfsmantel 33
91058 Erlangen
Phone +49 9131 776-0
Fax +49 9131 776-2019

 

 

 

読み物

 

フラウンホーファーIISマガジン
研究には興味深い逸話が満載ですが、フラウンホーファーIISマガジンで詳しく掘り下げています。どうぞお楽しみください!

 

 

 

フラウンホーファー・オーディオブログ
オーディオ・コーディングの世界の様子

ソーシャルメディア

つながり続けよう!

ソーシャルメディアで当研究所をフォローする

お問い合わせ

ナワビ・ファヒム  Fahim Nawabi

Contact Press / Media

ナワビ・ファヒム Fahim Nawabi

フラウンホーファーIIS, 日本代表

電話 090-4077-7609