Fraunhofer IIS, © Fraunhofer IIS

プロフィール

フラウンホーファー IIS (集積回路研究所) は、業界および公共企業向けに委託研究開発を行っています。 Albert Heuberger所長によって先導されるフラウンホーファー IIS の研究者は、マイクロエレクトロニクスのシステムと機器、およびこれらに必要な集積回路とソフトウェアを開発しています。

1985 年にドイツのエアランゲンで設立されたフラウンホーファー IIS は、ニュルンベルク、フュルト、およびドレスデンに事業所を持ち、フラウンホーファーの研究施設の中でもスタッフ数と収益の面で最大の研究所です。

フ ラウンホーファー IIS は、マイクロエレクトロニクス、情報技術、遠隔通信、オーディオ & メディア技術、デジタル ラジオ、デジタル シネマ、RF 技術、衛星ナビゲーション、医用工学、ロジスティクス、および機械/産業オートメーションの分野における研究プログラムで知られています。フラウンホー ファー IIS の研究者は、商用生産を開始する準備のできたプロトタイプとして無線通信システム (特にデジタル放送システム) を開発しています。技術的な基盤と柱は、オーディオとビデオのコーディング スキーム、およびこれらが国際標準として採用されていることです。

MP3 は、フラウンホーファー IIS が開発したオーディオ コーディング技法であり、世界中で評価を受けています。もう 1 つの先駆的な研究プログラムとして、デジタル シネマカメラ技術が挙げられます。画像収集とパターン認識の技術は、自動化された品質保証、生産自動化、および医用工学の重要な要素です。フラウンホー ファー IIS は、これらに必要なインテリジェント画像センサー、高速カメラ システム、および超高精度焦点 X 線 CT スキャン技術を開発しています。