HE-AAC, HE-AAC v2

テレビ放送およびストリーミング・アプリケーション用として世界的に定評のあるコーデック

 

HE-AACは、この数年で最先端マルチメディア・システムを実現する最も重要な技術の1つとなりました。高品質オーディオ、低ビットレート、およびオーディオ固有のメタデータ・サポートの独自技術の組み合わせにより、容量が限られたチャネル上でも、放送やMPEG-DASHなどの新しい適応ストリーミング規格に最適なオーディオ・ソリューションです。

HE-AACv2は、DASH Industry Forumによって策定されたDASH264相互運用性ガイドラインの必須のステレオ・コーデックとされています。また、HE-AAC 7.1は、オプションのマルチチャネル・コーデックの一つとして選定されています。

 

HE-AACの特長

  • ... 世界中のTV、ラジオ、およびストリーミングで採用
  • ... すでに100億台以上のデバイスに搭載
  • ... すべての関連放送メタデータと完全互換
  • ... フラウンホーファーIISがサポートおよびメンテナンスを実施

 

品質

優秀。EBUの試験による。(詳細な試験結果は、下記のホワイトペーパーを参照)

ビットレート

HE-AAC:ステレオ48~64 kbps、5.1サラウンド160 kbps (HE-AAC: AAC-LC + SBR)
HE-AAC v2:ステレオ24~32 kbps (HE-AACv2:AAC-LC + SBR +PS)で良好な音質が得られる。

サンプリング・レート

24~96 kHz

チャネル

モノラル、ステレオ、マルチチャネル (5.1、7.1など)

使用例

DVB、ISDB、SBTVD、DAB+、DRM+、DRM、ATSC-M/H、ISDB-Tmm、DVB-H、DMB、3GPP、携帯電話、オーディオおよびビデオ・ストリーミング・サービス

 

 

Fraunhofer IIS HE-AAC Weltkarte
© Photo Andreas Haertle - Fotolia.com / Fraunhofer IIS

TV放送用HE-AAC

 

HE-AACは、最先端の放送およびストリーミング・システム用の主要なコーデックです。たとえば、DVBツールボックスの一部として、ヨーロッパおよび南米諸国で採用されています。そのため、現在市販されているHD対応TV受信機のほとんどはHE-AACをサポートしています。また、主要な放送用エンコーダー・メーカー各社は、かなり以前からHE-AACを自社のデバイスに搭載しています。このように広く普及しているため、HE-AACは既存の制作/配信チェーンへの統合が容易です。

HE-AACは、すべての放送関連メタデータに加え、モノラルから最大48チャネルまで(ステレオおよび5.1サラウンドを含む)のチャネル構成を完全にサポートしています。さらにサイド情報の伝送も可能なため、フラウンホーファー・ダイアログ・エンハンスメント・テクノロジーなど、会話明瞭度を改善する将来のTVサービスにも対応します。

ラジオ放送用HE-AAC

 

HE-AACは、ラジオ放送用としても定評のあるコーデックであり、DAB+をはじめとするほぼすべてのデジタル・ラジオ放送システムで使用されています。

フラウンホーファーIISは、送信機器から受信機器までのラジオ・システムの構築とサポートに必要なすべての技術とコンポーネント、規格、およびデジタル・ラジオ用デバイスの開発・実装を行っています。DABおよびDRM ContentServerファミリーは、オーディオ符号化、データ・サービス管理、およびアンサンブル多重生成に対応した放送局用のワンボックス・ソリューションです。フラウンホーファーIISオーディオ・エンコーダー/デコーダー製品は、DAB Classic用のMPEG Layer-2、DAB+/DRM用のMPEG HE-AACv2、ステレオ・ビットレートでの高品質マルチチャネル・サラウンドプログラム用のMPEG Surroundなど、現在利用されている主要放送コーデックをすべてカバーしています。

ストリーミング用HE-AAC

 

HE-AACは、主要なオーディオ・ストリーミング、コーデックです。Flash、Silverlight、Windows Media Player、Winamp、iTunesをはじめ、主要ストリーミングおよびメディア・プラットフォームはすべてHE-AACをサポートしています。さらに、Mac OS XやWindowsなどのオペレーティング・システムのほか、iOS、Android、Windows Phone、Symbian、BlackBerryなどの携帯システムにもサポートされています。

Apple HLS、Microsoft Smooth Streaming、Adobe Dynamic Streamingなど、現在定評のあるhttp適応ストリーミング・システムは、 AACファミリーのコーデックをベースにしています。

また、HE-AACは、Open IPTV Forum、ATIS、HbbTV、DLNAといった、家電分野のストリーミング規格においても重要な部分を占めています。そのため、ほぼすべてのデジタルTV、BluRayプレーヤー、セットトップ・ボックス、およびゲーム機はHE-AACをサポートしています。このようにHE-AACは広くサポートされていることから、コンテンツ・プロバイダーに最適なコーデックです。ほとんどのウェブ・ラジオだけでなく、Pandora、Aupeo、hulu、BBC iPlayerなどのサービスがHE-AACを採用しているのはそのためです。

提供状況

HE-AACは、xHE-AACソフトウェアパッケージの一部として提供されています。xHE-AACの詳細はこちらをご覧ください。

 

特許ライセンス:

全種類のAACに適用される特許ライセンス許諾プログラムは、Via Licensing社が管理しています。詳細については、www.via-corp.com をご覧いただくかinfo@vialicensing.comにお問い合わせください。