mp3

概要

mp3

2017年4月23日、Technicolor社とフラウンホーファーIISの特定のmp3関連特許およびソフトウェアに関するTechnicolor社のmp3ライセンス・プログラムが終了しました。

ライセンシー各社の皆様には、この20年間にわたり、mp3を業界標準オーディオ・コーデックに育て上げる上で多大なご支援をいただきましたことを感謝いたします。

mp3の開発は、エアランゲン・ニュルンベルク大学における先の開発成果に基づいて、80年代後半にフラウンホーファーIISで始まりました。 mp3より効率に優れ、高度な機能を備えた他のオーディオ・コーデックが存在する現在もなお、mp3はお客様の間で根強い人気があります。その一方で、ストリーミングやテレビ放送、ラジオ放送といった最先端メディア・サービスのほとんどは、AACファミリーなどの最新ISO-MPEGコーデックを使用しており、今後はMPEG-Hの使用も見込まれます。それらのオーディオ・コーデックは、機能面での優越性に加え、mp3よりはるかに低いビットレートで優れたオーディオ品質を実現します。

テクニカラー 社とフラウンホーファーIISのライセンス・プログラム終了についてオーディオ・ブログ(英語)も併せてご覧ください。

詳しくは

mp3製品開発・生産者の方へ

現在mp3ソフトウエア実装はフラウンホーファーIIS推進項目ではありませんが、大型プロジェクトにmp3ソフトウエア実装が必要な場合は こちらへご連絡下さい。

amm-info@iis.fraunhofer.de

エンド・ユーザー

フラウンホーファーIISは、エンド・ユーザー向けのmp3製品の販売やmp3製品/サービスのサポートは行っておりません。