MPEG-H Audio

© Photo Fraunhofer IIS/Viaframe
© Photo Fraunhofer IIS/Viaframe

テレビ、バーチャル・リアリティー(VR)、ストリーミング・アプリケーションに最適なインタラクティブ没入型サウンドを提供

 

視聴者が好みに合わせて調整できる没入型オーディオ:

MPEG-H Audioシステムは、包み込むような没入型サウンドを提供します。視聴者は各種オーディオ・プリセットから選択したり、会話の音量を調整したりできます。

 

ユニバーサルな配信:

MPEG-H Audioシステムは、ホーム・シアターはもちろん、スマートフォン、タブレット、VR機器などのあらゆるデバイスで最高のサウンド体験を実現します。

 

1つの技術であらゆるアプリケーションに対応:

MPEG-H Audioシステムは、集信から配信までの既存および将来の放送システムに加えて、ストリーミング・システムにも対応できるように設計されています。

 

次世代のオープン・オーディオ標準:

適正な料金設定とオープン標準開発者の大規模なコミュニティーにより、業務用および民生用機器の包括的なエコシステムの簡単かつ容易な活用と迅速な構築が保証されます。

 

使いやすさ:

MPEG-H Audioシステムは、現在のストリーミング機器や放送機器に対応できるように設計されています。没入型サウンド機能は、どのようなスピーカー構成やヘッドフォンでも再生可能です。

TVオーディオ

MPEG-H AudioをベースにしたフラウンホーファーのTV放送向けインタラクティブ没入型オーディオ・システム

 

Hear your home team™:インタラクティブ性により、視聴者の好みに合わせた視聴体験を実現

フラウンホーファーのシステムは、MPEG-Hのオブジェクト符号化を使用してインタラクティブ性を実現し、聞き取りにくい会話の音量を上げる、あるいはスポーツ中継の「地元チーム」ミックスを作成するといった、視聴者の好みに合わせたサウンド・ミックスの調整を可能にします。この機能を使用すれば、帯域幅消費量を1言語当たりわずか20~40 kbpsに抑えながら、他言語音声用オブジェクトやVI記述を効率よく放送に追加することも可能です。

 

没入型サウンドが映画館のような臨場感を実現

このシステムは、追加のフロントおよびリア・ハイト・スピーカー・チャネル、またはHOA(Higher-Order Ambisonics:高次アンビソニックス)音場技術による没入型サウンドの伝送が可能で、現在のサラウンド・システム放送を超えて最新のシネマ・サウンド・システムに匹敵する迫真の没入型オーディオ体験を提供します。

将来的には、フラウンホーファーの「3Dサウンド・バー」のコンセプト・プロトタイプなどのデバイスでも没入型サウンドを楽しむことができるようになります。これにより、新しいスピーカーの増設が不要になり、多くの消費者が高品質な没入型オーディオを体験できるようになります。

 

卓越した符号化効率

このシステムは、AACファミリーの進化と新技術に基づく新しいMPEG-H Audioコーデックを採用しており、3Dサウンドに必要な追加チャネルまたはオブジェクトを現在の5.1サラウンド放送と同等のビットレートで伝送することが可能です。

 

ビットレート(kbIt/s) 最低限 推奨 非圧縮と同等の音質
22.2チャネル 384 512 1200

7.1 + 4ハイト・チャネル

+ 4オブジェクト

200 384 800
5.1チャネル 96 160 256
2.0チャネル 48
56 160

 

インターネット対応により、あらゆるデバイスで優れた視聴体験を実現

MPEG-H Audioベースのシステムは、スタッターのないストリーミングを実現するDASHサポート、容易なDASHビットストリーム切り替えを可能にするオー ディオIフレーム、容易なスプライシングによるCM挿入といった機能も備えています。さらに、マルチプラットフォーム音量コントロールにより、視聴者のデ バイスやリスニング環境に合わせて体験を調整することも可能です。

 

従来のスピーカーから最高のサウンドを引き出すスピーカー・フールプルーフ・レンダリング

進化したレンダリング技術により、あらゆるコンテンツ・フォーマットをどのようなスピーカー構成でも再生できるほか、リスニング・ルームのスピー カー配置が誤っていても修正することができます。レンダラーは、信号キャンセルの防止によってダウンミックス品質を高めるほか、ハイト・スピーカーがない 通常の5.1または2.0チャネル環境でも高さをある程度表現することもできます。

AACファミリー:15年の実績を誇り、全世界のTVサラウンド・サウンドの半数を占めるコーデック

フラウンホーファーの新しいTVオーディオ・システムは、AACコーデック・ファミリーを使用したサラウンド・システムを世界中で15年にわたって提供してきた経験を基礎としています。フラウンホーファーは、1998年に日本のHDTV向けに最初のAACエンコード・ハードウェアを設計しました。AAC 5.1デコードは、日本のすべてのTV、AVR、およびサウンドバーでサポートされています。現在、AACはNHKのスーパーハイビジョン放送向けの新しい22.2チャネル・オーディオ・システムのコーデックとしても採用されています。

日本でのこうした実績により、HE-AACマルチチャネルは、多くの南米諸国で使用されているISDBベースのSBTVDシステムのサラウンド・コーデックとして採用されました。現在、TV Globoをはじめとするブラジルの放送局は、HE-AACを使用して5.1サラウンド・サウンド放送を視聴者に提供しています。

さらに、HE-AACは、DVBシステムを使用する多くの国でサラウンド・サウンド・システムに採用されています。AACファミリーは2009年以来、英国BBCのHDサービスのサラウンド・サウンド放送に使用されています。

バーチャル・リアリティー(VR)

TVおよびVR向けの次世代オーディオ標準であるMPEG-H Audioは、サラウンド・サウンドを超える視聴体験を提供するために開発されました。VR向けの没入型3Dサウンドは、サウンド・ミックスに高さの情報を加えることで実現されます。新しいコーデックの高い効率のおかげで、200 kbps程度の低ビットレートで3Dオーディオを配信することができるため、MPEG-H AudioはVRストリーミング・サービス向けのオーディオ・コーデックとして選ばれています。

MPEG-H Audioは、1つのオーディオ・ビットストリームでオーディオ・チャネル、オーディオ・オブジェクト、アンビソニックス・オーディオ、およびメタデータを伝送することができます。オーディオ・チャネルは、没入型オーディオを伝送する優れた手段となります。それに対し、ダイナミック・オーディオ・オブジェクトを使用すると、ディレクターは360度全方位で展開するストーリーの中でオーディオ・キューを使って視聴者をガイドできます。また、リスナーの頭の周囲の、耳から特定の距離にサウンド・イベントを極めて正確に配置することも可能です。一方、アンビソニックス・オーディオは、セットなどで没入型オーディオの場面を捉えるのに便利な方法を提供するだけでなく、再生時の視点の操作や頭の回転の認識を容易にします。

MPEG-H AudioによるVR機器への没入型サウンドの配信と共に、フラウンホーファーCingoを使用すれば、ヘッドフォンでも臨場感あふれる本格的な3Dサウンド・シーンを再現することができます。Cingoは、5.1 + 2ハイト・スピーカー、7.1 + 4ハイト、および同様のチャネル構成をはじめとするハイトを加えたフォーマットにより、完全没入型3Dオーディオのレンダリングをサポートし、リスナーの周囲の仮想空間内のどこにでもサウンド・オブジェクトを同時に配置することが可能です。

フラウンホーファーのVR技術の詳細は以下のページをご覧ください。

論文

Development of the MPEG-H TV Audio System for ATSC 3.0

Bleidt et al, 2017 (Written for March 2017 issue of IEEE Transactions on Broadcasting)

Building The World’s Most Complex TV Network (A Test Bed for Broadcasting Immersive and Interactive Audio)

Robert Bleidt, Herbert Thoma, Wolfgang Fiesel, Stefan Kraegeloh, Harald Fuchs, Rinat Zeh, Jim De Fillippis, S. Merrill Weiss - SMTPE Annual Technical Conference, October 2016 (Written for SMPTE Journal©)

Technical Paper: Delivering a complete suite of solutions for the next generation of virtual reality audio

2016

Technical Brief: Installing the MPEG-H Audio Alliance’s New Interactive and Immersive TV Audio System in Professional Production and Distribution Facilities

Robert Bleidt - 2015

MPEG-H 3D Audio - The New Standard for Coding of Immersive Spatial Audio

J. Herre, J. Hilpert, A. Kuntz, and J. Plogsties - IEEE Journal of Selected Topics in Signal Processing (July 2015)

Using Audio Objects and Spatial Audio in Sports Broadcasting

Ulli Scuda, Hanne Stenzel, Dennis Baxter - AES 57th International Conference, March 2015

Design, Coding and Processing of Metadata for Object-Based Interactive Audio

Simone Füg, Andreas Holzer, Christian Borss, Christian Ertel, Michael Kratschmer, Jan Plogsties - AES 137th Convention, October 2014

MPEG-H Audio - The New Standard for Universal Spatial / 3D Audio Coding

Jürgen Herre, Johannes Hilpert, Achim Kuntz, Jan Plogsties - AES 137th Convention, October 2014

Immersive Audio with MPEG 3D Audio - Status and Outlook

Robert Bleidt, Stefan Meltzer, Max Neuendorf, Jan Plogsties - NAB 2014 (Printed in the NAB Broadcast Engineering Conference Proceedings 2014, presented at the 2014 NAB Show.)

Object-Based Audio: Opportunities for Improved Listening Experience and Increased Listener Involvement

Robert Bleidt, Arne Borsum, Harald Fuchs, S. Merrill Weiss - SMPTE 2014 (Written for SMPTE Journal©)

プレゼンテーション

Introducing the MPEG-H Audio Alliance's New Interactive and Immersive TV Audio System

Robert Bleidt - HPA Tech Retreat, Palm Springs, February 2015

Starting Production in Interactive and Immersive Sound

Robert Bleidt and Dennis Baxter - Sports Video Group, New York, December 2014

Object-Based Audio: Opportunities for Improved Listening Experience and Increased Listener Involvement

Robert Bleidt - SMTPE Annual Technical Conference, October 2014

Introducing the MPEG-H Audio Alliance's New Interactive and Immersive TV Audio System

Robert Bleidt - AES 137th Convention, October 2014

Immersive Audio with MPEG-H 3D Audio: Status and Outlook

Max Neuendorf, Jan Plogsties, Stefan Meltzer, Robert Bleidt - NAB Convention, April 2014

Case Study: Field Test of Interactive 3D Audio at Winter Sports Broadcast

Hanne Stenzel, Robert Bleidt, Valentin Schilling - DTV Audio / SportsVideo Group Meeting, Las Vegas, April 2014

Fraunhofer's Interactive 3D Audio System for Television Broadcasting – What's New

Robert Bleidt - NAB Convention, April 2014

ビデオ

注意:ビデオを再生すると利用データがYouTubeに転送されます

Fraunhofer IIS Audio and Media Technologies at NAB Show 2017  

Robert Bleidt, General Manager Audio and Media Technologies at Fraunhofer USA DMT, presents some of the features the MPEG-H TV Audio System offers.

Audio & Media Technologies at IBC2016

We always look forward to coming to Amsterdam for the IBC exhibition: It’s the perfect place to meet up with professionals of multimedia content creation and distribution, and to present our latest Audio & Multimedia technologies.

MPEG-H Audio is one of these technologies – tune in to learn more about the immersive, interactive audio system and our other exhibits for digital radio, streaming, TV broadcast or Virtual Reality, and see how they all can form the future.

MPEG-H Audio for Next-Generation TV Broadcasting at IBC 2015

MPEG-H Audio Alliance Live Broadcast Demonstration at NAB 2015

Jünger Audio, Fraunhofer & MPEG-H

ニュース (英語)

Request licensing information: MPEG-H Audio

To request a price quote or an evaluation license, please fill in and submit the form.

* Required

Which kind of license are you interested in?
Software platform:
Hardware platform
Title
Name