デジタルシネマ

デジタルテレビへの移行と複数の映画フォーマットにより、撮影後の新しい編集ツールが求められています。世界中で1,800を超えるライセンシーを抱える編集ソフトウェアeasyDCPは、デジタルシネマ・パッケージ(DCP)および相互運用マスターパッケージ(IMP)の制作、再生、品質管理向けの市場でその地位を確立してきました。

 

easyDCP

フラウンホーファー IISは、ソフトウェアツールeasyDCPの開発により、標準規格に準拠したデジタルシネマ・パッケージ(DCP)の制作に対応しやすいソリューションを提供します。

さらに、APIによって、サードパーティーの編集ソフトウェアにeasyDCPを統合できます。

 

相互運用マスターフォーマット (IMF)

当研究所は、おなじみのeasyDCP編集ソフトウェア環境下でのIMF用の拡張機能、つまり本データフォーマットでの制作、再生、暗号化の機能も提供しています。

オーディオ&マルチメディア技術へ戻る