自動車

自動車用オーディオは、10年以上にわたりフラウンホーファーIISの製品開発において重要な役割を担ってきました。当社の研究者、技術者、音響技師は、搭乗者全員にこれまでで最高のサウンドをお届けすることに専念しています。今や、ほぼすべての新型車では、mp3とAACのデコーディング、DABやDAB +デジタル・ラジオ・モンディエール(DRM)受信機のソリューションに加え、音質を向上させるSymphoriaアルゴリズムとSonamicアルゴリズムなど、当社のオーディオ技術の恩恵が受けられます。

当社では、高品質のオーディオシステムは、現在よりも将来の自動車でさらにその重要性が高まるものと確信しています。自律走行車では、道路状況に集中する必要がなくなるため、車内で自由な時間を楽しめるようになります。例えば、お気に入りの音楽を聴いたり、エキサイティングな映画を見たり、コンピューターゲームを楽しんだりすることができます。

 

Fraunhofer Symphoria

Fraunhofer Symphoriaは、自動車内での音像の幅や奥行き、高さを増幅することによって、かつてない次元と開放感を生み出します。この結果、広々として明確なフロント音像定位と同時に、各座席に完全にバランスのとれたサラウンド音場が実現されます。

 

Fraunhofer Sonamic

Fraunhofer Sonamicの名のもとに実現された一連の新テクノロジーによって、自動車向けの音響製品の品揃えがインテリジェントなオーディオ処理にまで拡大します。この新テクノロジー群は、車内のエンタテインメントシステムの顧客体験を大きく飛躍させます。

 

JPEG XS - New Mezzanine Image Codec

JPEG XS stands for extra speed and extra small. Take a closer look at JPEG XS – the new low complexity image coding standard.  

通信システム

強力なデータリンクは、将来の自動車に不可欠な技術です。データは適切なタイミングで適切な場所で利用できるよう、収集、送信、配布する必要があります。当社は、インフォテインメント、インテリジェントな接続性、アンテナシステムの分野で自動車用の幅広いソリューションを提供しています。

オーディオ&マルチメディア技術へ戻る

Credits Header: © Martin Novak Photography - Fotolia.de