コンテンツ制作

デジタル時代において、映画製作放送コンテンツの制作では、数テラバイトのデータが創り出されます。フラウンホーファーIISは、増え続けるビットレートデータを転送、記録するために、拡張可能なデータ圧縮ならびにHDおよびDC解像度保存システムの研究開発を実施しています。

 

JPEG XS – 新規のメザニン画像コーデック

JPEG XSの特徴は、超高速と極小です。新規の低複雑性画像コーデック規格JPEG XSをじっくりご覧ください。

 

Realception

映画技術部門は、Realception®によって、専門的な映画編集、特にFoundry社Nuke用のプラグイン・スイートを実現しました。

 

easyDCP

フラウンホーファー IISは、ソフトウェアツールeasyDCPの開発により、標準規格に準拠したデジタルシネマ・パッケージ(DCP)の制作に対応しやすいソリューションを提供します。

さらに、APIによって、サードパーティーの編集ソフトウェアにeasyDCPを統合できます。

MPEG-Hオーサリング・プラグイン

MPEG-Hオーサリング・プラグインは、一般的なDAW全種に対応しており、MPEG-H Audioシステムによるコンテンツの制作作業をしやすくします。TV放送事業者は無料でご利用いただけます。

相互運用マスターフォーマット (IMF)

当研究所は、おなじみのeasyDCP編集ソフトウェア環境下でのIMF用の拡張機能、つまり本データフォーマットでの制作、再生、暗号化の機能も提供しています。

オーディオ&マルチメディア技術へ戻る