特許ライセンス

フラウンホーファーIISでは、以下の技術について特許ライセンスを提供しています。

LC3/LC3plus

LC3plus

LC3plus は、フラウンホーファーとエリクソン社が共同で開発した低複雑度の通信用コーデックであり、によってTS 103634として標準化されています。

関連するフラウンホーファーIPの特許ライセンスは、直接フラウンホーファーから入手できます。詳細については、LC3plus特許ライセンスの概要を参照してください。

LC3 (Bluetooth用)

LC3は、LC3plusの機能が軽量されたバージョンであり、Bluetooth Special Interest Group(Bluetooth SIG)オーディオプロファイルのみに基づいて使用されます。 LC3 v1の仕様は、次のページで公開されています。

https://www.bluetooth.com/specifications/specs/low-complexity-communication-codec-1-0/

フラウンホーファーIISは、Bluetooth標準のLC3への追加機能Advanced Packet Loss Concealment(高性能パケット損失補間)のライセンスを提供しています。個別ライセンスについてはお問い合わせください。

MPEG-4 AAC

  • AAC-LC
  • HE-AAC、HE-AAC v2
  • xHE-AAC
  • AAC-ELDファミリー:Low Delay AAC、AAC-ELD、AAC-ELD v2
  • AAC Scalable

関連フラウンホーファーIPの特許ライセンスは、以下のいずれかの方法で提供可能です。

DRMデジタルラジオ規格では、AACパテントプールの一部であるxHE-AACが必須とされています。

各技術の詳細については、オーディオコーデック製品概要をご覧ください。

xHE-AACの機能の詳細については、弊社の製品ページをご覧ください。

EVS (3GPP Enhanced Voice Services)

EVSに関する最新技術情報については、3GPP Specification series(TS 26.441~TS 26.451)のほか、3GPPプレス・リリース「Enhanced Voice Services Codec for LTE」をご覧ください。

以下の12社がEVSコーデック標準化に向けた単一共同コーデック候補を提出しています(順不同)。ライセンスについては、各社担当者に電子メールでお問い合わせください。

  • フラウンホーファーIIS:Stefan Geyersberger stefan.geyersberger@iis.fraunhofer.de
  • Huawei Technologies Co. Ltd.:Chengfei Ding dingchengfei@huawei.com
  • Nokia Corporation:Sonja London sonja.london@nokia.com
  • 日本電信電話株式会社:Tadashi Ogawa ogawa.tadashi@lab.ntt.co.jp
  • 株式会社NTTドコモ:Takuya Kosaka patent-license@nttdocomo.com
  • ORANGE SA:Frederic Bonnet frederic.bonnet@orange.com
  • パナソニック株式会社:Meg Morizono morizono.megumi@jp.panasonic.com
  • Qualcomm Incorporated:Luke Bonacci lbonacci@qualcomm.com
  • Samsung Electronics Co. Ltd.:JP Hong j.p.hong@samsung.com
  • Telefon LM Ericsson AB:Max Olofsson max.olofsson@ericsson.com
  • VoiceAge Corporation:Laurent Amar Laurent.Amar@VoiceAge.com
  • ZTE Corporation:Dao Tian tian.dao@zte.com.cn

EVS候補は、2014年9月15~17日に行われた3GPP SA第65回会合で承認されています(TSG SA第65回会合報告書草案のセクション12.4を参照)。

上記企業は、ETSI、ARIB、TTA、TTC、またはCCSAにライセンス宣言を提出しており、ETSI IPRポリシーに従って各社の必須IPのライセンスを供与する用意があります。

2017年6月、MPEG LAはEVS特許ポートフォリオ・ライセンスの提供開始を発表しました。現時点で含まれる特許権者は以下のとおりです。

  • フラウンホーファー研究機構
  • JVC KENWOOD Corporation
  • 日本電信電話株式会社(NTT)
  • 株式会社NTTドコモ
  •  パナソニック株式会社
  • Telefonaktiebolaget LM Ericsson

詳細はこちら: http://www.mpegla.com/main/programs/EVS/Pages/Intro.aspx

EVS技術の特長はこちら

 

MPEG-H Audio

2021年6月、Via LicensingはMPEG-Hパテント・プール開始を発表しました。

関連フラウンホーファーIPの特許ライセンスは、フラウンホーファーから直接提供可能です。詳細についてはお問い合わせください

MPEG-H Audio技術の特長はこちら

関連フラウンホーファーIPの特許ライセンスは、以下のいずれかの方法で提供可能です。

MPEG-H Audio技術の特長はこちら

Journaline

Journalineは、オープン・デジタル・ラジオ・システムであるDRMおよびDAB用のETSIの規格となっている高度なテキスト・アプリケーションです。また、これらの両システムのEWF(緊急警告機能)の必須要素でもあります。

関連フラウンホーファーIPの特許ライセンスは、フラウンホーファーから直接提供可能です。個別ライセンスについてはお問い合わせください

 

Journalineの製品特長はこちら

DRM (デジタルラジオモンディアル)

DRM関連のIPの特許ライセンスが複数のコンポーネントに必要です。

 

  • xHE-AAC / AACオーディオ技術(上記のMPEG-4 AACセクションを参照)および
  • Journalineの高度なテキスト・アプリケーションとEWF EWF(緊急警告機能)の必須コンポーネント(上記のJournalineのセクションを参照)。

DRM関連IPの概要はVia Licensingページにも記載されています。

https://www.via-corp.com/licensing/drm/.